膝の外側が痛い

膝の外側に痛いがある場合、腸脛靱帯炎という診断になります。
ランナーに多い障害です。

腸脛靱帯とは、腰から太ももの横を通ってひざの外側にまでつながっている大きな靱帯です。

この靱帯がが繰り返しの曲げ伸ばしで大腿骨(太ももの骨)と擦れることにより炎症を起こし痛みがでると言われています。

一人で悩んでないでまずはお電話を!0564-55-2753 メールでのお問い合せはこちらをクリック!24時間受付中です!